2011年11月17日

子どもの発達障害にお悩みの方へ





かわいい子どもに、騒がないで言うことを聞いてくれるように
    なってほしい
かわいい学校でも落ち着いて授業が受けられるようになってほしい
かわいい友達に危害を加えることなく、みんなと仲良くしてほしい
かわいい大きな声を出して、周りの人を困らせなくなるには?
かわいい言葉のオウム返しに、イライラしなくなるためには?
かわいいヒステリーを起こさず、自分で考えられるようになってほしい
かわいい愛する子どもと一緒に仲良く幸せに暮らせるようになりたい

育児ストレスが解消され、発達障害の子どもさんが「お利口さんになる方法」があったらー。
2人の発達障害の娘を育て、日々の激闘を乗り越えた“母”が
「発達障害のお子様を、どうやって育てるのか」
その方法を、初公開します!
↓ ↓ ↓

発達障害の子育て教育体験記

発達障害とは「知的障害や自閉症などを持つ子供」などのこと。

「どうしよう・・・どうやって育てればいいんだろう」
「私が、この子たちを立派に育てることができるかしら・・」
「この子たちの将来はどうなってしまうの?」

本屋さんに行ってみてもインターネットで調べてみても、
なかなか発達障害に関する情報が見つかりませんでした。

著者の葉月さんが、この本を書いた理由は、自身が発達障害に
関していろいろ調べる中で実際に使える情報になかなか
出会えなかったため、情報を調べるのにとんでもない時間が
かかったから。
自分の体験してきた“子育て方法”が参考になれば…
その思いからなのです。

読者の方々から感想が届いています。
↓ ↓ ↓

この体験記に出会わなかったらと思うと、
背筋がゾクゾクします。


この体験記は私にとって、衝撃的でした。
私も葉月さんと同じく、発達障害の娘が一人います。
葉月さんのように、講演会に出かけては勉強すれば、
いいのですが、私にはその気力はなく、
いつも娘のことで悩んでいました。
発達障害に関する資料については、図書館で少し調べたくらいで、
いつもどうしたらいいかわからず、友達にも恥ずかしくて、
相談することができませんでした。
旦那が家にいる時は、まだいいのですが、
家で一人ぼっちになってしまうと、いつも気が滅入ってしまいます。
子供は、叫ぶし、私の思いをなかなか理解してくれません。
大好きであった子供のことを、一度や二度、
嫌いになったことさえありました。
たまたまインターネットで発達障害のことを調べていたら、
葉月さんのサイトに出会いました。
あまりにも私と同じような経験をしていたので、
背筋がゾクゾクしました。
思い切って、体験記を購入してみたら、
とてもわかりやすく、すぐに出来ることばかりでした。
もしも、私がこの葉月さんの体験記に出会っていなければ、
きっと私はストレスがたまりすぎて、病気になっていたかも
しれません。
そう思うだけで、またゾクゾクとします。
私にとって、子育ては辛いものでした。
でも、今は少しラクになりました。
それはきっと、子供を育てるための知恵を身につけたこと、
そして、私自身が大人になったのかもしれません。
これからも油断は出来ませんが、
葉月さんの方法を毎日取り入れ、続けていきます!
そして、将来、子供が幸せに暮らして行けるように
親である私が成長していこうとおもっています。
本当に、ありがとうございました。

29歳 女性 匿名希望 神奈川県


実際に体験してきた内容なので説得力がありました


私は自分ひとりで発達障害の子3人を育てていますので、
作者の方が苦労をされて、お子様の為に行動を起こし
頑張っている事すごく立派だと思います。
おなじような発達障害を持つお母さんや身内の方
発達障害のお子様と関る教育者の方達に是非読んで
頂きたいです。
実際に経験していると身にしみて解りますし、
対策も参考に出来ます。
体験談(対策)が何よりも良いと思いました。
おんなじなんだって安心できました。
私は実際には二次障害が出てどうにもならなくなっての
診断でしたので
もっと早く行動を起こせばよかったと後悔しております。
このレポートがこれから発達障害を診断された方に
勇気と元気を与える事と思います。
このレポートが沢山の悩まれている方に読まれますように・・・

30才 女性 Aさん 北海道





発達障害の子育て教育体験記







posted by bell at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。